コンビネーション治療とは?

超音波療法とハイボルテージ(電気治療)を組み合わせて行う治療方法です。

超音波と電気を同時に組み合わせることでダブルの相乗効果を発揮します。

超音波:高速振動マッサージ効果、深部温熱効果

ハイボルト電流:局所ブロック効果、筋刺激

超音波のマイクロマッサージ効果と電流の鎮痛作用により、血行を促進し、疼痛を鎮めることで短時間での治療が可能です。

また、深度の深い部位まで到達することができるので、電気療法などによるマッサージ効果の数倍の圧力を深部まで直接与えることができるので、スポーツ外傷、 捻挫・打撲など急性期外傷から肩こり、五十肩、腰痛にも効果が期待されます。

<コンビネーション療法の効果>

  • 疼痛の緩和
  • 微小マッサージ作用による温熱効果
  • 筋肉痛及び関節痛の軽減
  • 鎮痛及び筋萎縮改善

このような多彩な治療効果が期待できるコンビネーション治療は、現在では、リハビリでの筋萎縮改善や筋力トレーニングにも使用されており、プロスポーツ選手やトレーナーからも高い治療効果を評価され、最新の治療法として注目されています。

お困りの方は一度ご来院頂き、しっかりとカウンセリングを受けて頂いてから一緒にあなたに合った治療プランを考えていきましょう。

不明な点、気になることがありましたら、些細な事でもお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。