こんにちは 京町通り整骨院 別宮です。

梅雨の終わりのような雨が降り、また急に気温が上がりそうですね。

こういう気候の時は、特に熱中症に注意が必要です。

熱中症とは、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のことです。

 重症度によって、次の3つの段階に分けられます。

Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症

  • 立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)
  • 筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)
  • 大量の発汗

Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症

  • 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症

  • 意識障害、けいれん、手足の運動障害
  • 高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

熱中症を引き起こす条件

環境行動
気温が高い  
湿度が高い
風が弱い  
日差しが強い  
締め切った室内  
エアコンがない  
急に暑くなった など
高齢者・乳幼児・肥満
障害のある人
持病がある人
低栄養状態
脱水状態
体調不良   など
激しい運動
なれない運動
長時間の屋外作業
水分補給しにくい  など

発生場所も住宅などの室内が39.4%、道路が17%を占めています。(総務省H29~R3年調査)

予防・対策

  • 水分をこまめにとる
  • 塩分を程よくとる
  • 睡眠環境を快適にする
  • 丈夫な体を作る
  • 気温と湿度を気にする
  • 室内を涼しくする
  • 衣服の工夫する
  • 日差しをよける
  • 冷却グッズを使う

熱中症はどんな症状?

気温や湿度が高い環境のなかで、顔がほてる、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、体に力が入らない、ぐったりする、呼びかけへの反応がおかしい、けいれんがある、まっすぐに走れない・歩けない、体が熱い、汗のかき方がおかしいなどの症状がみられたときには、すぐに熱中症が疑われます。
 なかでも、高体温、汗をかいていなくて触ると熱い、ズキンズキンとする頭痛、めまいや吐き気、意識障害がある場合は、重症です。

熱中症の応急処置

すずしい場所に移動する

衣服を脱がし体を冷やし体温を下げる

塩分や水分を補給する

効率的に体温を下げるには、頸動脈わきの下鼠径部腕から手を冷やすことや経口補水液アイススラリーを飲むことが有効です。

熱中症は命にかかわる危険な症状です。

意識がない、自力で水分補給できない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。