3D MENS【3D マイクロカレント療法】とは?

プロスポーツ選手やアスリートのケガの治療、コンディション維持などに用いられて注目を集めている治療法です。

体には「生体電流」が流れています。そして、ケガをして細胞が傷つけられると、その損傷した部位は電気的に負(ー)となる為、正常部から損傷部に電気が流れ込み修復しようとします。これを「損傷電流」と呼びます。

  • 通常の生体組織
プラスイオンとマイナスイオンのバランスが取れた状態で、生体電流(微弱電流)がスムーズに流れています。

  • 損傷を受けた生体組織
プラスイオンとマイナスイオンのバランスが崩れ、生体電流(微弱電流)がスムーズに流れなくなります。(損傷電流)

 

マイクロカレントを流すことにより体内の損傷電流が増幅され、損傷した組織を修復する為のたんぱく質の合成が驚くほど早く行われ、治癒までの期間が格段に短縮されます。立体動態波モードの1/ 1000という極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がなく、神経や筋を興奮させません。そのため、ケガをした直後の痛みや、トレーニング後のコンディショニングケアにも使用できます。電気治療独特のピリピリした感覚もないため、電気の刺激が苦手な人も治療が可能です。また、立体的に流すことでより深部までアプローチすることができます。主な作用は組織修復です。

肉離れや打撲、捻挫、骨折といった症状の回復のサポートが期待されます。ピリピリとした刺激のある低周波は、炎症を起こして熱を持っている場所には使えませんが、マイクロカレントであれば、ケガの一歩手前で違和感がある段階から急な痛みまで幅広く使用できます。

お困りの方は一度ご来院頂き、しっかりとカウンセリングを受けて頂いてから一緒にあなたに合った治療プランを考えていきましょう。

些細な事でもお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。